2007年9月19日のこと

  • 朝 8 時起床。ひたすら天気が良い。ギターを弾いたりして陰鬱な朝を過ごす。バッハの無伴奏チェロ組曲第一番プレリュードなどを弾く。爆笑問題の Junk を聞きながら自転車で出社。池尻大橋の坂を上がるといつも太ももが痛くなる。ファミマで菓子パン 2 つを買って会社の机で食す。うまくもなんともない。

  • メモ帳としてマークダウンで用いている Sublime Text を、こういうサイトなどを参考に Python エディターとして設定してみる。PEP 8 補正が便利。current line のみを REPL に投げて実行する方法が結局わからなかったのでそれさえできれば。

  • ランチは同僚と。豆腐ハンバーグを食べる。普通の味。

  • 夕方になり、どうしても腹が減ったので夕食に地下の丸亀うどんでうどんを食べるが、かき揚げが極めて油っぽくて全然うまくない。

  • 夜は表参道のスターバックスnode2vec の論文を読む。明日の社内での「論文読み会」用。ネットワークの特徴量の話。繋がっている奴は似ているだろうという前提で、結合確率が高くなるように特徴量ベクトルを尤度に基づいて算出する。その際、ある野郎のネットワークを、パラメータ付きランダムウォークに基づいてサンプリングすることで、ネットワーク特性に応じたサンプリングができるよ、みたいな?

  • そのままスタバで、外人に話しかけられたりしながら自分の論文を少し書く。もういい加減早く終わらせたいが根性がなくて進まない。辛い。

  • 家に帰って寝るつもりもないのに寝てしまうのは毎晩のことだ。

  • 年々忘れっぽくなるので、仕事の作業はきちんと備忘録を取ること、一日の最後に積み残し作業と To Do をまとめておくこと、などを心がけようと思った。こういうことを思うようになったということは、少しは真摯になってきたということなのだろうか。

  • 仕事中聞いた音楽で、今日は Dakota Suite, David Darling, Quentin Sirjacq の Vallisa というアルバムが良かった。耳心地の良さはポストクラシックというよりもニューエイジで、わかりやすく叙情的すぎるけどやっぱり良い。